YUI-CAN'T BUY MY LOVE

YUI-CAN'T BUY MY LOVE (キャント・バイ・マイ・ラヴ)(2007年4月4日)

キャッチコピーは「私の愛するモノは カンタンには譲れない YUI待望のセカンドアルバム完成」



・自身主演映画『タイヨウのうた』主題歌となりヒットした『Good-bye days』や、先行シングルながらau LISMOのCMソングとして起用された『CHE.R.RY』などを中心に収録。
・バンド形態の楽曲をはじめとし、前作よりロック色の強い作品となっている(フリーペーパーや音楽番組での本人発言から)。そのため収録曲全13曲に対し、収録時間は約45分と、J-POPのアルバムとしては比較的短い作品である。
・本作でシングル・アルバム通じ、自身初のオリコンチャート1位を獲得した。
・初回限定盤には、DVDには「feel my soul」「Tomorrow's way」「LIFE」「TOKYO」のビデオクリップが収録されている。

<収録曲>
1:How crazy (3:38)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・今アルバムの発売に伴って行われたライブツアーでは、幕と照明を利用した印象的な演出とともに、各公演の一曲目に披露された。

2:Rolling star (3:08)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・同年に発表され、「YUI初の応援歌」とされた7枚目のシングル。「BLEACH」の主題歌であり、YUIにとって二度目の「BLEACH」のタイアップとなった作品。

3:It's all right (3:37)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・この曲のイントロが3枚目のアルバム「I LOVED YESTERDAY」の初回盤付属DVDのメニュー画面に使用されている。

4:I remember you (4:05)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+ 弦編曲:弦一徹ストリングス)
 ・前シングル曲「Good-bye days」のアンサーソングと銘打ってリリースされた、6枚目のシングル。

5:RUIDO (0:51)
(作詞:YUI 作曲・編曲:小倉健二)
 ・収録曲中でもっとも短い楽曲。ライブハウスで見かけたアーティストについて歌われているが、実体験に基づいたものかどうかは不明。タイトルは、実在する同名のライブハウスからの可能性があるが、真相は定かでない。

6:CHE.R.RY (3:29)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・大型タイアップの影響もあってか、大きな人気を博し、彼女の代表曲にまでなった8枚目のシングル。

7:Thank you My teens (2:57)
(作詞・作曲:YUI 編曲:SHIGEZO)
 ・20歳を目前にして、自らの十代を振り返って書いた楽曲。ちなみにYUIは、今アルバムの発売直前に20歳を迎えた。

8:Umbrella (4:16)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・さながら昭和歌謡のような雰囲気を漂わせる楽曲。「ちゃぷちゃぷ」といったような擬音が印象的。

9:Highway chance (3:54)
(作詞:YUI 作曲・編曲:COZZi)
 ・それまでにも「TOKYO」など、YUIに楽曲を提供していたCOZZiの作曲による作品。

10:Happy Birthday to you you (4:01)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)
 ・ライブでは、自身が「ハッピーダンス」と名づけた振り付けとともに披露される。その模様は、YUI初のライブDVD「Thank you My teens」で確認できる。

11:Winding road (3:39)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)

12:Good-bye days (4:33)
(作詞・作曲:YUI 編曲:Akihisa Matzura)
 ・2006年に、「YUI for 雨音薫」名義で発表された楽曲。映画「タイヨウのうた」主題歌。

13:Why? (3:13)
(作詞・作曲:YUI 編曲:northa+)


CAN'T BUY MY LOVE...彼女自身が今、大切にしているもの、たとえば家族や友達、場所や時間、楽曲にかける気持ちなどは、お金なんかじゃ ゆずることなんてできないわ。という強い意味が込められている。
この セカンドアルバムには昨年大ヒットとなった『Good-bye days』をはじめ『I remember you』、『Rolling star』そして大型タイアップで話題となる『CHE.R.RY』を含む贅沢な内容になっているが、YUIの魅力とはむしろそれ以外のところに多く見つけることができる。
十代から二十代へという時期に書き上げた曲たちはとても瑞々しく、大人へ向かう道のりを体験した私たちはもちろん、まさに今向かっている中高生にこんなにも支持されているのもうなずける。
サウンドはギターリストである彼女らしいストレートなバンドサウンドに独自のコード感が冴える。本格ROCK!必聴すべき1枚。

【タイアップ】
◆『Good-bye days』映画「タイヨウのうた」主題歌
◆『Rolling star』テレビ東京系全国ネットアニメーション「BLEACH」オープニングテーマ
◆『CHE.R.RY』KDDIau「LISMO」CMソング ほか



【初回生産限定盤】DVD付き
1:feel my soul PV
2:Tomorrow's way PV
3:LIFE  PV
4:TOKYO PV


最高位1位(2週連続)/初動売上29.1万枚/累計売上69.3万枚


(*出典:YUI-net.comより引用)
(*出典:ORICON STYLEより引用)
関連記事

スポンサードリンク


COMMENT 0